山下商店

福井のこだわりお届けします

メニュー

スイカの栽培方法を見学!7月末には甘いスイカをお届けします。

43 views
約 3 分

いつもそこには人がいる

ふくいの「良いもの」をつくるためにもくもくと作業に取り組む人達がいます。そんなこだわりの逸品をみなさんにお届けし「ふくい」を知っていただく事が山下商店の目的です。

スイカの栽培方法を見学!7月末には甘いスイカをお届けします。

三国の新井さんがつくる東尋坊スイカは山下商店で「爆弾スイカ」として人気ですが、今回は栽培方法をじっくり取材させていただきました。ぜひご覧ください。昨年は天候不順もあり7月末の販売会には糖度がギリギリだったこともあり、今年は10日ほど例年より前倒しして栽培をしてみるとの事。毎年こんな感じで栽培してたんですね。

入念な打ち合わせ

スイカを作り続け20年以上の経験をもつ新井さん。まずはスタッフに作業工程を説明。畑のサイズを測り、どのように苗を植えるかを指示。

土壌づくりとビニールトンネルづくり

まっすぐに肥料をまき、トラクターを走らせられるよう記しとなる紐を引く。

4種類の肥料とコシヒカリの米ぬかをまく。

その上をトラクターで耕していく。肥料をまくチームと1列違いで連携プレー。いつも笑顔と冗談の多い新井さんだがこの時は目が真剣!

その次は青いトラクターに乗り換えマルチと呼ばれる黒いビニール幕を張るための溝を掘る。

マルチ(黒いビニール幕)を張る前に給水用のホースを引いてからマルチを張っていく。

新井さんの指示のもと、山下商店スタッフのまさえさんもビニールトンネルのお手伝い。竿をどのように張っていくのかを習っています。

まずは片方だけ等間隔で刺していきその後反対側も作業します。

スイカの苗植え

黒い鉢が種無しスイカ、金色の苗がオレンジスイカです。種無しスイカの苗はそのままでは実がならないため、種のある苗を一緒に育てる事で受粉するそうです。

80cm間隔でビニールトンネルの竿を張り、その中間に苗を植えていきます。マルチの下、中心ラインには給水ホースが走っているため、少しずらして植えていきます。


ここで新井さんのワンポイント農業レッスン!

Q:野菜を育てるときの土壌は気になるところですよね?どんな土壌が野菜に適しているかわかります?

A:根菜を育てるときは水はけのよい砂地で育てましょう。根腐りしません。逆に赤土は水はけが悪い分、肥料が残るので土の上に実のなるお野菜が良いそうです。


ビニールトンネル完成まで

完成まであと一歩。上からビニールを張る作業です。

ビニールを張りながら風で飛ばないよう、土をかぶせながら進みます。終わりが見えてきたのか笑顔もこぼれてきました。

完成!みんなでガッツポーズ!

まとめ

この作業を毎日繰り返します。この作業ができれば6割は作業は終わったと新井さん。7月末にはお客様の満面の笑顔を見るために丁寧に、大切に育てます。スイカが育ってきたら途中リポートさせてもらいますね。お楽しみに!

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。