山下商店

福井のこだわりお届けします

ホーリーバジルの定植見学行ってきました。

381 views
約3分

いつもそこには人がいる

ふくいの「良いもの」をつくるためにもくもくと作業に取り組む人達がいます。そんなこだわりの逸品をみなさんにお届けし「ふくい」を知っていただく事が山下商店の目的です。

ホーリーバジルの定植見学行ってきました。

ご縁を頂きまして近日山下商店にてセレクションさんのホーリーバジルティーを販売させていただけることになりました。すっきりとした香り高いハーブティーです。今回はそのホーリーバジルの定植(苗植え)を見学しました。どんな作業をされているのか気になりますね。定植から収穫、生産まで山下商店では追跡紹介していきますのでお楽しみに。

やってきたのは福井県坂井市丸岡町の「竹田地区」トトロがでてきそうな山に囲まれ、メイン道路が福井市から加賀市まで抜けています。その中腹にホーリーバジル園がありました。

旧竹田小学校(現坂井市竹田農山村交流センター ちくちくぼんぼん)の裏手でオーナーの戸川さん発見。
植える前に苗にいっぱい水を与えてました。

結構なうねの数ではありませんか?今回はどれくらい植えるのかというと、なんと14000株。すべて手植えだというのです。ちなみに昨年は10000株植えて7000株の収穫、今年はそれ以上の収穫を目指します。

苗を運び、もくもくと植え始めます。戸川さんもスイカの新井さんと同じで除草剤を利用しない派です。うねとうねの間の雑草は何度も草刈りするようです。

約30センチ間隔で植えていきます。気温はどんどん上昇していき、1列ごとに水分補給をしないといけないくらい大変な作業です。

除草剤は利用せず、ホーリーバジルティーを通してお客さまの健康を願い、苗に想いを乗せて1つずつ丁寧に植えていきます。今年もお客様の期待を裏切らないよいホーリーバジルが育ちますように…

ちなみに一般の平地では1メートルほど育つホーリーバジルもちょっと標高の高い山の中では70センチほどに。その分、濃度が高い良質なバジルティーができるとの事。

小さな苗(写真上)が、しばらくたつと写真下のようになります。

上をちょっと摘んであげるとどんどん横に葉が広がりっていくようです。

綺麗な花が咲いてホーリーバジル園いっぱいに紫とバジルの香りで包まれるようです。9月ごろには収穫体験や早朝農園でのヨガなども楽しそうと苗を植えながら話す戸川さんでした。

やっぱりいました。除草剤を使わないこの農園ではカエルはもちろん、とんぼ、蝶々など昆虫もいっぱい。

戸川さんのホーリーバジルティーは葉っぱも花も全部乾燥させてお茶にします。自然の恵みを受けて育ったお茶をぜひ楽しみにしててくださいね。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE

情報のカテゴリー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。